READING
よみもの

未来へのバトン ーアンカンミンカン富所哲平ー

コラム
  1. TOP
  2. よみもの一覧
  3. 未来へのバトン ーアンカンミンカン富所哲平ー

みどり市が誇る古き良き芝居小屋。

二階席の、とある窓から見える高津戸峡の眺めが良いから、「ながめ余興場」。

梅沢富美男を育てたらしい。

美空ひばりも歌ったらしい。

アンカンミンカンも何度なく爆笑漫才ステージを。

どうやら将来の眺めも良いに違いない。

コロナが騒がれるちょっと前、そんな「ながめ余興場」でカラオケ大会を企画・主催しました。

並み居る歌ウマさんを制して、初代のチャンピオンに輝いたのが、当時、高校一年生だった前原百花さん。

そんな前原さんも、今は大学生。

先日のこと。アンカンミンカンが司会を務める、群馬テレビの看板番組(自称)「カラオケチャンネル」に、前原さんが歌いに来てくれました。

彼女はいま、ミュージカル女優の夢を追いかけているそうで、それを伝えるために、歌いに来てくれました。

彼女が言いました。

「あの日があったから、私はいま、ミュージカル女優を目指しています!」

昭和の経済の盛り上がりに乗せられる形で、もっと近代的な施設への建て直し案が浮上したものの、先人たちの「残す、守る、つなぐ」という意志があって、いまに受け継がれる「ながめ余興場」。僕が20歳の成人式に、ながめの舞台を踏むことができたのはそのおかげ。それが郷土へのルーツとなって、地元で活動する道を進むことになり、受け継がれる意志に導かれるようにカラオケ大会が開かれた。

ただやるだけじゃ意味がない。歴史も、意志も、想いも、受け取れる限りを乗せて精一杯に走り切る。すると、バトンはいつだって知らぬ間に、ちゃんと未来につながれていくのかもしれない。




SDGs芸人 富所哲平
経歴:
群馬県みどり市出身、桐生高等学校、国立千葉大学法経学部卒業。
■吉本興業所属のお笑いコンビ、アンカンミンカンのツッコミ担当。
東京NSC12期生。よしもと群馬県住みます芸人。
あなたの街に住みますプロジェクトの企画により、群馬県の住みます芸人として、2011年5月に東京から地元である群馬県に拠点を移し、大学での講義や地域の清掃活動等を通じて、郷土群馬を盛り上げるべく精力的に活動中。
■ぐんま特使。みどり市観光大使。環境カウンセラー。レクリエーション介護士。

この記事をシェアする